営業マンも作業服を着て働くことがある!営業に向いている作業服の選び方

一般的に営業マンと言えば、スーツのイメージが強いかもしれません。

それはスーツを着て働く会社の営業の方が、作業服を着て働いている会社の営業よりも目にする機会が多いからでしょう。詳細…作業着 ズボン > ユニフォームタウン

しかし、作業服を着て仕事をしている会社でも営業を行っていないわけではありません。このような会社は営業マンも作業服を着ているケースが多いです。そこで今回は営業に向いている作業服の選び方を紹介していきます。

誠実な印象を与えやすいものが好ましい

営業を成功させるには、相手から良い印象を持ってもらうことが重要です。特に第一印象は営業の成功に影響を及ぼしやすいでしょう。そのことを考えると、営業を行うときの作業服を選ぶときには好印象を持たれるようなものにするのが良いと言えます。

具体的なもので言えば、赤やオレンジといった派手な作業服よりも、ネイビーや青といった作業服が良いでしょう。特に青い作業服は誠実な印象を与えやすくなっています。この誠実な印象を持たれやすいのは青色の持つ特性です。

ネイビーの作業服は汚れが目立ちにくいという特徴があるため、営業に向いています。汚れが目立たなくなる方が、清潔な印象を与えやすく、話を聞き入れてもらいやすいでしょう。インナーも無地の白系のものを選ぶのがポイントです。

柄が多いものをインナーとして選んでしまうと、青い作業服の持つ誠実さを打ち消してしまう可能性が高いと言えます。そのようなミスをしないためにも柄物のインナーは避けておく方が良いでしょう。白いインナーは好みではないという場合は、青い作業服と同系色のインナーも効果的です。

同系色のインナーを着ていれば、さらに誠実さがアップする可能性が高くなります。この誠実な印象を与えることは謝罪のときにも役立ちます。仕事を獲得しに行くばかりが営業ではありません。仕事でのミスやトラブルが起きた際に、取引先に謝罪を行うことも営業の役目です。

その状況では誠実さがポイントになるため、青系の作業服は重要なアイテムとなるでしょう。

冷静な判断力も求められる

営業に必要なこととして、誠実さ以外に冷静な判断力が挙げられます。この冷静な判断が行いやすくなるアイテムとしても、青い作業服が適しています。青色の持つ特性には、気持ちを落ち着かせるというものもあります。そのため青い作業服を着れば、落ち着いた状態で営業を進めることが可能になります。

気持ちが落ち着いていると、興奮状態で活動するよりも冷静な判断が行いやすく、交渉相手と上手くコミュニケーションが取れる可能性が高まります。冷静な判断力があれば、交渉相手の表情を細かく読み取れる可能性もあります。

細かい表情を読み取ることができるようになれば、相手がどのような要素を求めているかを知りやすくなります。金額交渉の際にも表情を読み取れれば、どのラインまで価格をアップさせられるかを冷静に判断できるかもしれません。

青色は集中力を高めてくれる色でもあります。そのことを考えると、失敗したくない営業を行うときには青い作業服を着ていくことが有効な手段と言えます。集中力を高めることで相手の会話を聞き逃さず、的確な返答ができるようになるかもしれません。

作業服とスーツを組み合わせる

全身を作業服で揃えてしまうのが作業服を使った簡単な営業スタイルと言えます。しかし、それでは会話するまでは営業マンだと伝わりにくいかもしれません。他社を訪れて営業を行う場合では全身作業服のスタイルでも通用しますが、住宅に訪問して営業を行うスタイルでは通用しない可能性が高いです。

住宅を訪れるケースでは、ほとんどが飛び込み営業であるため、インターホン前での営業が想定されます。そのような状況で全身が作業服では修理業者が修理を行いに来たときの見た目に変化がありません。一目で営業マンだと分かってもらうためには、作業服とスーツを上手く組み合わせるのがポイントです。

例えば上下は作業服でもインナーはカッターシャツでネクタイを締めていれば、営業スタイルに見えやすいでしょう。上着だけを作業服にするのも良い方法と言えます。インナーにカッターシャツとネクタイを着用して、下はスラックスを履くようにしておけば営業スタイルに見えます。

このときのポイントは上着だけでも作業服を着ておくことです。作業服の上着には会社のロゴが入っているケースが多く、上着だけでも着ておくことで会社をアピールすることができます。営業を行う際にもロゴの位置を意識しておくのがポイントです。

ロゴの位置が相手に見えやすいような状態で営業を行うことで、より会社のアピールを行うことができるでしょう。

清潔なものを着ていこう

職場で作業を行う場合では、多少汚れが付着しているものでも数回は利用を続けるケースがあります。これは作業を行うことによって、頻繁に汚れが付着してしまうため、一回の使用だけで洗濯してしまうよりも数回の使用後に洗濯を行う方が経済面で良い効果が得られるからです。

洗濯の手間も少なくなるため、家庭にも優しい利用方法でしょう。しかし、営業を行う場合には、その方法は適切ではありません。営業は清潔さが求められるからです。そのため営業を行う際には、清潔な作業服を着ていくのがポイントとなります。

営業に行くときには毎回洗濯済みの綺麗な作業服を着ていくことで、清潔なイメージを保つことができるでしょう。洗濯の回数は多くなってしまいますが、営業を終えた後には毎度洗濯を行うのが重要です。営業を行うときには歩きで取引先に訪れるケースも多く、汗をかきやすくなっています。

汗の量が多ければ、悪臭が作業服についていても不思議ではありません。悪臭の漂う作業服は取引相手に不快感を与える可能性が高いため、毎回の洗濯が必要になるのです。

悪臭を消せるようなアイテムを利用するのも有効な手段と言えます。

会社を代表して行動していることを意識しよう

営業を行うときの作業服は好きなものでもいいのではないかという考えを持っている人は、注意が必要です。作業服には会社のロゴが入っているケースが多いでしょう。その作業服を着て行動するということは、会社を代表して営業を行っているという意味でもあります。

そのことを考えれば、会社が良いイメージを持ってもらえるような作業服で営業を行う方が良いと言えます。このポイントを考えれば、営業を行うときの作業服は会社のイメージに合うものを選ぶのが良いでしょう。会社のイメージに合うものを選んでおけば、作業服の与える印象によって会社のイメージを損なわせてしまう可能性は低くなります。